七夕の音浴会で嬉しいことが

七夕の音浴会は
とっても嬉しい事がありました。


三年前のヴィパッサナー瞑想で知り合った方が
三年振りに会いに来て下さったのです。

三年前は私が9時~5時のサラリーマン生活を終えた時。
時間が出来て最初に行ったのが、千葉のこの施設でした。
10日間拘束されるので、サラリーマン時代はとても参加出来ませんでしたから

ご存知の方も多いと思いますが、
携帯も預け家族とも友人とも一切連絡とれず、
同じ参加者とも一切喋れず、ただひたすら瞑想をする

最後半日は、シャバに慣れる為笑、喋ることが解禁されるのです。

その時に隣に座られていた方が、今回参加してくれたのです。

なのでほんの少ししかお話ししてないはずなのですが、、
その時に私が話した内容が印象的だったらしく、
交わしたFBを見てくれていたようです。

今でも鮮明に覚えてますが、
10日間の瞑想を終えた後は、凄く感性がクリアで軽く、、
とにかくなんでも出来るという自信に満ち溢れてました。

出来ないものは何もない!って断言できるくらいの
魂が蘇ったような感じでした。

実際、ヨガの苦手なポーズが軽々出来た自分がいました。

何を喋ったか?覚えてませんが、
彼女に何か印象に残る事を言ったのでしょうね~

自分の人生を生きてやる!!位の
勢いだったかもしれません笑

フェイスブックに感謝ですね~笑

素敵な七夕イベントになりました。
またご縁が引き続き続きますように~

またヴィッパサナ瞑想に行きたくなりました。


ヴィパッサナ瞑想の事を書いていて
その時に感じた感覚が思い出してきました。

この為に私は参加したんだな~って自覚できたこと!!

そう、それは、、
10日間の誰とも接触しない、喋らないサイレントは、
私にとって快適だったって事。
喋らないなんて出来ない~って言ってた友達がいたけど。
私はそれを凄く心地よく感じていたなあ~~と。


何故ならその頃は必要以上に他人に気を使い、
他人の反応をいつも気にしてたから。

朝、宿舎ですれ違っても目も合わさない、
おはようの言葉もかけない。
自分の事だけに集中するサイレント
なんて気楽なんだろうって

でもその中で、
とても綺麗な夜空で星が降るようにキラキラしていた夜があった。

みんな瞑想の合間、
同じ夜空を眺めながら休憩していた。

「わあ~綺麗だよね。」「幸せだね~」
この言葉を分かち合いたかった。
でも喋れない
ただ一人で味わっていた

急に寂しい気持ちになった。

友人らが周りに居てくれる有り難さや、
色々な物を感動を分かち合える家族や仲間が
居てくれることの感謝や気づきが溢れてきた。

言葉って、この為にあるんだなあと

10日後、明らかに違う自分がいた事を(??>?<?)。??